オイリー肌原因

オイリー肌原因と対策

 

 

ベトベトとしたオイリー肌は余分な皮脂がある状態のお肌です。過剰な皮脂分泌が行われた結果であると思われます。では、なぜ過剰な皮脂分泌が行われるのでしょうか。そこには様々な原因が関係しています。

 

オイリー肌の原因としてあげられることが多いものが、ホルモンバランスです。
お肌の皮脂分泌と非常に深い関わりをもつホルモンは、男性ホルモンのひとつであるテストステロンです。
テストステロンの働きによって、皮脂腺が活性化されるとされています。

 

ホルモンバランスの状態が正常な場合には、テストステロンによる皮脂分泌も正常に行われます。
しかし、ホルモンバランスが乱れやすい思春期や30代後半からは、テストステロンの分泌が最も盛んに行われます。よって、皮脂分泌も盛んに行われますので、お肌の皮脂量が増え、オイリー肌の状態になります。

 

オイリー肌はホルモンバランスにだけ左右される訳ではありません。実は毎日の食生活もオイリー肌の原因になります。脂質の多い食事ばかりを摂っている人は要注意です。脂質が多い食品には、飽和脂肪酸と呼ばれる成分が含まれています。飽和脂肪酸は毛穴のつまりを引き起こしてしまいます。よって、お肌の皮脂分泌のサイクルに乱れが生じ、オイリー肌の原因となります。また、甘いものの食べ過ぎも皮脂分泌を促進するとされていますので、注意が必要です。

 

オイリー肌は、気温上昇とも関係があります。夏場のお肌は、自然とお肌がべとつきますよね。それは気温の上昇が影響を及ぼしています。気温が上昇するとそれにつれて、皮膚の温度も上昇します。皮膚の温度が上昇すると、皮脂腺の働きが活性化されますので、お肌が次第にべとついてしまうのです。

 

夏場のお肌をべとつきから守るためには、皮膚の温度の上昇を防ぐことがポイントです。洗顔の回数を増やすなど、お肌の温度上昇を防ぐと良いですね。洗顔は余分な皮脂を取り除き、お肌を清潔な状態に保つことができますので、一石二鳥のスキンケア法です。

 

オイリー肌改善対策化粧品おすすめはここから